リオ五輪ロシア選手団は286人

 リオデジャネイロオリンピックに参加できるロシア選手の総数は286人となった。

 「予備的な集計だが、リオ五輪に参加できるロシア選手の総数は286人」と、ロシア連邦スポーツ省の会議の報告には記されている。タス通信が伝えた

 ロシア連邦スポーツ省の会議ではまた、ヴィタリー・ムトコ大臣が、ロシアは30の種目に代表選手を送り、19-20種目では優勝またはメダルのチャンスがあると述べた

 7月24日、国際オリンピック委員会(IOC)の緊急理事会で、ロシア選手団をリオ五輪から排除せずとの決定がなされた。個々の選手の参加問題については、各種目の国際連盟が決めるとしている。その際、IOC決定では、過去に一度でもドーピングで処分を受けた選手は出場できないことが強調されている。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!