JOC、ロシア選手のリオ五輪参加が認められたことを歓迎

2016年7月25日 タス通信
 日本オリンピック委員会(JOC)はリオ五輪からロシア代表を排除しないという国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会の決定を肯定的に受け止めている。JOCの竹田恆和会長が述べた。

 竹田氏は「(当該選手に違反がないことについて、当該競技の国際連盟による)きちっとした証明ができれば(五輪に)出すという道を残したことは良かった」として、IOCの決定を評価した。

 国際オリンピック委員会(IOC)執行委員会は24日、リオ五輪からロシア代表を排除しないという決定を下した。ロシア選手の参加については、各競技の国際連盟が個別に判断することになった。うちのいくつか(ハンドボール連盟、テニス連盟)は既に、当該競技においてロシア代表はIOCの五輪参加基準を満たしている、と発表している。

*タス通信の記事を抄訳

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!