「露代表チームは五輪に向けて予定通り準備中」

2016年6月8日 タス通信
 ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、ドーピング・スキャンダルにも関わらず、ロシア代表チームは、リオ五輪に向け準備を行っていると述べた。
Kremlin spokesman
ドミトリー・ペスコフ大統領報道官=  コメルサント紙撮影

 ロシア代表チームは、リオ五輪に向け準備を続けており、ドーピング使用の誹謗中傷は何ら悪影響を与えていない——。ドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、記者団にこのように述べた。

 「ロシア代表チームは、計画通り、リオ五輪に向け準備を行っている。確かに誹謗中傷のキャンペーンは展開されているが、リスクは全然増していない」。ペスコフ大統領報道官に記者団は、ドーピング使用に関するお決まりの、事実無根の非難がなされた後で、露チームへのリスクは高まったかとの質問に対し、このように強調した。

 

非難の根拠は一切ない

 大統領報道官は、ロシアはスポーツにおけるドーピングに断固反対すると強調した。「だが、これは、我々が何らかの事実無根な非難を受け入れるということではない。…今のところ、こうした非難において、説得力のある証拠や裏付けは、何ら耳にしていない」。大統領報道官はこう語り、再度強調した。「つまり、我々は、こうした非難をまったくの中傷と捉えているということ」

記事全文(露語)

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!