日露沿岸警備隊が合同訓練実施

2016年6月7日 ロシア通信
 日本とロシアの沿岸警備隊の合同訓練が実施された。ロシア連邦保安庁サハリン州国境警備局広報課がこれを伝えている。

 2000年から行われているこの訓練は今年、日本の領海で開催された。

 サハリンの警備艇の乗組員と日本の関係者は、石狩湾で覚醒剤の密輸船に見立てた船を拘束する訓練を行った。合同訓練を見守ったのは、ロシア連邦保安庁サハリン州国境警備局のセルゲイ・クドリャショフ局長と、日本海上保安庁第1管区海上保安本部の坂野公治本部長。

元記事(露語)

もっと読む:アジアへのロシア製兵器輸出>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!