Romanov family last ball Altai petroglyphs Palekh Instaweek Post8 Konstantin Yuon Museum at the bottom of black sea Moscow metro stars1
カラー写真で蘇るロマノフ家最後の舞踏会 ロシアの意匠「パレフ」

五千年前のアルタイの宝物

 山道は人々の記憶に刻まれただけでなく、古代の石碑や積み石、多数の岩石線画もその印となっていた。
  クセニア・イサエワ、ロシアNOW
Altai petroglyphs
スクロールしてもっと見よう

パヴェル・フィラートフ

 およそ1,000キロにわたって曲がりくねった道路が続くチュイスキー・トラクトは、ノヴォシビルスク (モスクワから2,812キロ) を出発点として、アルタイ地方、アルタイ共和国へと伸び、そこからロシアとモンゴルの国境に向かって南下する。 道路で723キロ進んだ地点に位置するチュヤ川の右岸にあるのが、カルバク・タシュと呼ばれる古代の神聖な場所だ。 この場所は岩石線画で飾られている。 / ヤギ狩り。 エランガシュ川近く。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 青銅器時代 (紀元前1500年頃) に岩の表面に残された人の手の絵。 アルタイ地方では珍しい絵だ。 このあたりに何千もある岩石線画の中でも、手を描いたものは2つしかない。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 谷の中を進むキャラバン隊の絵。 これらの岩石線画が残されたと思われる青銅器時代 (紀元前2000~1000年頃) に、2つの盆地をつなぐ道路がここを通っていた。 これは牛を運ぶ遊牧民が活発に利用していた。 おそらくこのシーンには内面的な意味合いはなく、その目的は古代のアルタイ人に最適なルートを示すための案内用だったと思われる。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 アルタイは中央アジアの多数の民族の発祥地だ。 アルタイ山脈は、東方へ向かう遊牧民にとって越えることが不可能な障害だった。 / 占星術的なシンボルで飾られた神聖な雄牛の絵。 青銅器時代 (紀元前2000~1500)。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 しかし、前の世代から伝えられた経験のおかげで、彼らは過酷な条件下でも道を識別することができた。 / 鹿の群れ。 カルバク・タシュの神聖な場所の中央にあたる、青銅器時代の岩石線画の断片。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 山道は人々の記憶に刻まれただけでなく、古代の石碑や積み石、多数の岩石線画もその印となっていた。 / ラクダのキャラバン隊。 青銅器時代。 エランガシュ川近くに所在。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 アルタイではこれまでに200以上の岩石線画の遺跡が発見されている。 / 複数の人物や動物で構成されている絵: 乗り手、ラクダ御者、有蹄類の動物。 エランガシュ川近く。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 崖を下降してくる神話上の動物が人々を襲う。 青銅器時代。
Altai petroglyphs

パヴェル・フィラートフ

 鹿の絵。 エランガシュ川近く。
2016年11月18日
Tags: アルタイ, 自然

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!