Communal Dog-frisbee Nikola Melnikov オリホン島 Yasumasa Morimura  View of winter Moscow St. Isaac's Cathedral ロマノフ家 のらネコ
コムナルカの贅沢と貧困 若き音楽家ニコラ・メリニコフ

フリスビーを追うロシアの犬たち

 ロシアでは正式なスポーツ種目として認められていないフリスビードッグだが、競技人口は膨大である。犬にしてみたらこんなに楽しいこともない。名誉や褒章などどうでもいい。ご主人とひとつのチームを組めること、大事なのはそれだけだ。
  アナスタシア・カラゴジナ、ロシアNOW

 フリスビードッグの誕生は1974年。米国のアレックス・ステインが全国中継の野球試合の休憩中、飼い犬の能力を披露した。どんなに難しい投げ方をしても、ディスクをキャッチしてみせるのだ。

 競技では、様々な角度から判定が行われる。距離(より遠くでキャッチすればより高得点)、正確さ(決められたエリア内でキャッチしなければならない)、フリスビードッグ・スタイル(技を決める際の敏捷性が評価される)・・・。

 フリスビードッグが初めてロシアに入ってきたのは2005年のこと。翌2006年にはロシア・フリスビードッグ連盟が発足。当初は大会を開いても参加する者は多くなく、旺盛な成長が見えだしたのは2012年になってのこと。今ではロシアのほぼすべての大都市に広まっている。

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

マリア・イオノワ=グリビナマリア・イオノワ=グリビナ

もっと読む:ロシア原産の人気犬10種>>>

2017年3月1日
Tags:

もっと読む

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!