ロシアで”オシャレ”がしたい?

2017年1月12日 池羽梨月
 ファッション、カフェ、イベント…これらの情報は全てインスタグラムに詰まっている!ロシアには、あなたの知らない魅力がまだまだあるはず。本当に役に立つ、おすすめアカウントを紹介しよう。
instagram
 =www.instagram.com/tattivasilieva/

 新しいお店やファッションを調べるのは非常に難しい。お馴染みの場所や、知り合いから紹介された店に行き続けている人も多いはずだ。そのサイクルから抜け出し、おしゃれ生活をもたらしてくれるのは、まさにインスグラム。魅力的な写真を見れば、あなたのロシア開拓は2倍も3倍も楽しくなるはず。


カフェ、レストラン

 スターバックス、マクドナルド、ダンキンドーナツ…ロシアにも多数の店舗を構える、お馴染みの顔ぶれである。しかし、そこで済ませてしまうのは非常にもったいない!あなたのお気に入りカフェが見つかる、カフェ&レストラン紹介アカウント。

  • 美味しいガイド|モスクワのレストラン Вкусный гид | рестораны Москвы (@restinmsk)

 気軽に行けるカフェから本格ランチまで、詳しい情報が多数掲載。写真にタグ付けされているお店の名前をクリックすれば、すぐに場所が分かる。なんと、説明文には食事の値段まで記載してあるので非常に頼りになる。

 

 食事処に困った時は、インスタグラムを開いて気になる写真をクリックするだけですぐに悩みを解決してくれる優れもの。

  • スイーツまとめ О Сладостях Коротко (@moscowcafes)

 スイーツメインで紹介しているアカウント。こちらも店名がタグ付けされているので、すぐにカフェ情報が手に入る。

 

 ロシアカフェでよく見かけるおすすめスイーツを2つご紹介。

①ブリヌイ

 ロシア料理のスイーツ。そば粉入りの薄いパンケーキで、主にサワークリーム、ジャム、シロップをかけて食べる。カフェはもちろん、ホテルの朝食で出てくることもしばしば。

②チェルニチュニーピローグ

 ブルーベリータルト、という意味のロシア語。日本のカフェと比べると、ロシアのカフェにあるタルトは日本よりもサイズが大きく、濃厚であることが多い。ブルーベリーがぎっしりのっているタルトは絶品。

 

ファッション

 ロシアガール=美女、というイメージを持つ人もいるはず。ファッションや美容情報を発信し続けるオシャレガール達を紹介しよう。全員、着用ファッションのブランドをタグ付けしているので是非。

 14.7万人のフォロワーを持つモスクワの女子大生だ。ロシアのブランドを着ていることが多く、興味のある方は要チェック。オシャレなドレスやレストラン等、雑誌の切り抜きのようなクオリティー。

 

 このリゾートチックな写真もモスクワであり、ロシアの穴場スポットを知るきっかけにもなる。

 

 写真へのこだわりが感じられ、ページ全体の統一感に魅了される。黒や白を基調とした、クールでスタイリッシュなファッション。

 「このコーディネート、日本では目立ってしまうのでは…?」という心配は無用。今からでも真似できるファッションが多いため、非常に参考になる。

 

 このように、おしゃれ文房具やグッズも紹介してくれる小物マスターである。

 

 モスクワ在住の方に最もおすすめなのは、こちらのアカウントだ。ファッションに限らず、美容や日常の情報も発信するViktoriyaさん。何気ないモスクワの風景を頻繁に載せているため、季節毎のモスクワの景色も楽しめる。

 

 探すのが難しいモスクワの美容院、ビューティーサロンをタグ付けで教えてくれる。

 

 

フラワーショップ

 ロシアの習慣として、頻繁に花束が贈られるのをご存知だろうか。モスクワの花屋では、センスの良い店員さんがテキパキと花束を作ってくれる。写真を見るだけで幸せになれるフラワーアカウントを紹介しよう。

  • 花、ブーケ、デコЦветы, букеты, декор (@_melochizhizni_)

 モスクワにあるフラワーショップの公式アカウント。多種多様な色合いとデザインで、アレンジメントを楽しむ事ができる。ちょっとしたプレゼントに添える花束を用意する際に参考にできる。

 

 こちらも、モスクワにあるフラワーショップの公式アカウント。店の外装と内装の写真もおしゃれであることが魅力の一つ。ブーケは、色の組み合わせと花のバランスのセンスが非常に良いので勉強になる。実際にこのショップに行けば、目の前にあるラデュレ(モスクワ店)と合わせて雰囲気を楽しむ事ができるのでおすすめだ。

 

 有名人や一般人まで、毎日多くの写真が更新されていくインスタグラム。「今」のロシアを楽しむには、とっておきのSNSである。おしゃれなロシアが覗ける7つのアカウントを是非フォローしよう。

もっと読む:【ブログ】日本と違いすぎる”転職事情”とは>>>

記事、コンテンツの筆者の意見は、RBTH(日本語版はロシアNOW)編集部の意見と一致しない場合がある。
+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!