ボリショイ・バレエのザハロワが東京公演

2017年3月10日 ロシアNOW
 モスクワのボリショイ劇場のプリマ、スヴェトラーナ・ザハロワが、日本の東京を含め世界各国で特別公演「アモーレ」を行う。3月9日にタス通信が伝えた。

スヴェトラーナ・ザハロワ氏=アルチョム・ゲオダキャン/タス通信スヴェトラーナ・ザハロワ氏=アルチョム・ゲオダキャン/タス通信

 特別公演「アモーレ(Amore)」は、一幕もののバレエ3本からなっており、バレリーナのガラ公演用に、世界最高の振付師たちによって創られた。

 1本目は「フランチェスカ・ダ・リミニ」で、ユーリー・ポソホフの振付だ。2本目は「雨が降らないうちに」と題され、ドイツ人とナイジェリア人のハーフであるダンサー・振付師、パトリック・ド・バナ(Patrick De Bana)によるもの。最後は、モーツァルトの音楽に乗せた「Strokes Through the tail」で、アイルランドの振付師マルグリット・ドンロン(Marguerite Donlon)による。

 「このプログラムはイタリア語で『Amore』(愛)と名付けられた。3本のいずれもが愛について語っている――幸福なあるいは悲劇的な、真面目なあるいはユーモラスな愛について――」。ザハロワはこう述べた。

 東京での公演は今年9月24、25日に予定されている。

*タス通信の記事を抄訳

もっと読む:世界的なロシアバレエ5作品>>>

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!