ロシア人の奇癖

ロシア人のどのような行動に外国人は驚くのか。ロシアNOWが特集する。
Lori/Legion Media撮影
Lori/Legion Media撮影

死者について 

 死者のことを決して悪く言わない、という暗黙の決まりがロシアにはある。多くの外国人はなぜそうなのかと聞く。死者はもはや自分の人生で何も正すことができないが、生きている者にはまだ悔い改めるチャンスがあるからだ。

もっと読む:

ロシア人の悪習は

 モスクワ国立大学の文献学のアンナ・エゴロワ教授はこう話す。「我々は死者を非難することはできない。裁くのは神だ」

 また、死者は戻り、復讐することができる、という古くからの迷信があるため、多くの人はそれを恐れる。「そのため、ロシアでは死者を足から運び出す。死者が戻る道を見つけることのできないように」とエゴロワ教授。

 

対人距離

 ほとんどの国で、人と人は近づきすぎず、個人の空間というものが守られる。少なくとも伸ばした手の長さほどの距離を人とおく。ロシアには、そのような決まりはない。地下鉄、バスのラッシュアワーや屋外で、見知らぬ人同士が全身で互いに寄り添う。

 多くの外国人は、ロシア人が行列に並んでいる時など、ぴったりくっつきすぎていると言う。この行動の理由はかなり平凡。こうしていれば、割り込みされないのだ。

 

職場の仲間は最良の友

 ロシアでは、職場の同僚との関係は特別だ。同僚は友であり、時に親友である。誕生日、昇進、聖名日、休暇帰りなど、ことあるごとに、同僚皆のためにごちそうを持ってくる。ごちそうはお菓子、ケーキ、お手製のパイ、サラダ、ハムやサーモンなどのスライス、旅先からのエキゾチックな食べ物など。

 同僚同士で自宅にお茶などに招きあったり、職場でちょっとしたパーティーを開いたり、週末に自然豊かな郊外までドライブしたり、家族ぐるみでつきあったりする。「ロシアでは、気前のよさと心の広さを思い切り示すのが普通」と話すのは、モスクワで長年仕事をした経験のある外国人のダニエル・シルバさん。

 

女子の香り

 ロシア女子は香水をたくさんつけるのが大好きだ。時に甘い残り香は、女子がエレベーターを降りて1時間たってもこもっている。オフィスも例外ではない。そのため、多くの外国人は、仕事への集中をも妨げてしまう濃い香りに不満をこぼす。

 

お金

 ほとんどの国では、給料とお金の話題はタブーである。同僚と収入について話しをしたら、解雇される可能性もある。だがロシアでは、お金についてのタブーはない。ロシアでお金の話題は、友人だけでなく、職場の同僚、家の隣人、さらには見知らぬ人との熱い議論のテーマだ。

 一部の迷信深いロシア人は、自分をとりまく物質的状況についてひんぱんに不満を言えば(給料が少ない、食品が値上がりしてるなど)、金運や幸運を招くと信じている。

 ロシア人は、仲間同士での会話をこよなく愛する。これは、心理学者のカウンセラー代わりにもなる、一種のセラピーだ。紅茶やウォッカを飲みながら、アドバイスをしたり、求めたりする。

 多くのロシアの習慣がどこにも書かれていないため、外国人には受け入れがたいことが多い。ロシアにはどのような決まりや習慣があるのか、何が良くて、何が悪いのかを、外国人は遠慮なくロシア人に聞いてみてはいかがだろうか。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!