スターリン・ゴシック「セブン・シスターズ」

2011年10月24日 RBTH
「セブン・シスターズ」はスターリン時代に建てられた超高層建築。その威容は今なお見る者を圧伏するかのようだ。7つの摩天楼はモスクワの戦後復興の一部であり、当初の計画では、都心に8つ目のソビエト宮殿が建てられ、1947年のモスクワ建都800年を象徴するはずだった。
そっくり高級マンションも出現 = GeoPhoto撮影
そっくり高級マンションも出現 = GeoPhoto撮影

今も威容誇る

 7つのビルはすべて、ついに建てられずに終わったソビエト宮殿をとりまくように立っている。宮殿は、巨大なレーニン像を頂き、世界一高いビル(415m)となるはずだった。1931年、 19世紀に建立された救世主ハリストス大聖堂(世界の正教寺院で最高の高さ103mの威容を誇った)が破壊され、跡地で宮殿の建設が始まった。

 だが、1941年の独ソ戦勃発で建設は中止。スターリンの死後、計画は白紙に戻され、そこに屋外プールが作られたが、2000年に聖堂が再建された。7つの摩天楼は実質わずか 10 年ほどで建てられ、1957年までにはすべて竣工している。

「セブン・シスターズ」というスターリン時代の超高層建築

「セブン・シスターズ」というスターリン時代の超高層建築


「スターリンの愚行の記念碑」

 建築家たちは、ゴシックが好きらしいスターリンの気に入るものを作ろうとしたが、いつも彼を喜ばせることができたわけではなかった。例えば、外務省ビルの設計は尖塔の建造を見込んでいなかったが、独裁者がそれを要求したので、支柱を5階分ほど下へ伸ばして、特別の軽量の構造物を上に載せなければならなかった。スターリンの死後、建築家たちは新しいボス、ニキータ・フルシチョフに尖塔を取り去るよう求めたが、彼は「スターリンの愚行の記念碑」として永久に残すべきだとして退けた。

 数十年の間に、スターリン・ゴシックに対する見方は、肯定から否定へ、そしてまた肯定へと変わった。2003年には、これをコピーした、欧州随一の高さ(264m)を誇る超高層アパート「勝利宮殿」が建てられている。

ホテル 「ウクライナ」で在りし日を

 スターリン・ゴシックでの在りし日の暮らしを味わってみたいなら、ホテル「ウクライナ」に部屋を取るといい。ロビーには巨大なクリスタルガラス製シャンデリアが吊られており、いたるところにスターリン時代の面影がそこはかとなく感じられる。高い窓の豪華なカーテンの襞に。緑の明かり窓や図書室の静寂に。直径10メートルの天井装飾に。「この装飾はとくに日本人観光客に好評で、いい写真を撮ろうと床に寝転がった方までいらっしゃいます」とレセプション係のオクサーナさん。そして、もちろん廊下や室内の壁に懸けられたソ連の画家の絵画に。このホテルには全部でおよそ1200点の原画がある。

 建築様式はどれも共通しており、中央にウェディングケーキ風の塔があり、周りに翼が配されている。ルネッサンス、バロックからロシア教会建築、マンハッタンの摩天楼にいたるまでの色んな様式の寄せ集めだ。


景観と人々の意識を一変

 歴史学者カール・シュレーグルはその著書『モスクワ』にこう書いた。「新しい摩天楼は、かつては無数の教会や鐘楼によって形作られていた景観のラインを一新し、町のシルエットを再生した」。教会建築の織り成す柔かなラインは、威圧的で直線的なラインに変わり、人々に権力の在りかを絶えず思い知らせるとともに、いつしかそれに自己を同一化させる…。

数字あれこれ

6億5千万ドル

モスクワ大学本館の建設費を今のお金に換算した額


ビルにはそれぞれ恐ろしい歴史がある。とくに強制収容所の囚人やドイツ人捕虜に建設させたビルは。モスクワ大学本館の 23 階は建設中ミニ収容所だった。

 今日、スターリン・ゴシックのアパートは、最も人気のある住居の一つであり、もしソビャーニン・モスクワ市長が約束しているように、政府が市の中心部から一部移転するとしたら、さらに二人の「姉妹」が新たな入居者に門戸を開く。

+
フェイスブックで「いいね!」を待ってます!