炭鉱事故の死亡者の氏名を発表

 コミ共和国首長広報部は、ボルクタにあるセーベルナヤ炭鉱での事故および救出作業で死亡した炭鉱作業員と救助隊員の氏名を発表した。

 2月25日の事故で死亡したのは30名の炭鉱作業員で、2月28日に2度目の爆発で亡くなったのは6名の炭鉱作業員と救助隊員。

 

事故の経過

 2月25日、地底748メートルの地点にあるセーベルナヤ炭鉱(ボルクタ)で、落盤事故が発生した。事故発生時、坑内には110人がいたが、80名が地表に引き上げられ、救出された。落盤の原因はメタンガスの爆発である可能性がある。

 2度目の爆発が坑内で起きたのは、27日から28日にかけての深夜で、救出作業が行われていた。その際の死亡者は6人。5人が負傷した。

 

記事全文(露語)