空前の厳戒態勢

ロシア通信撮影

ロシア通信撮影

 三つの自爆テロ事件(計41人死亡が昨年10月と12月にボルゴグラードで起き世界の目がソチに向けられた。

  これらの自爆テロカフカの過激派が混乱を引き起こすと誓った五輪標的とられる

 自テロ件は、ロシア当局がソチとその周辺だけでなく、ロシア中で警備を強化するきっかけった。

もっと読む:


ソチの噂と事実

 冬季五輪に向け範囲備対策は開幕1の1月7日に予定通り導入された

 グローバルセキュリティ企業ントロール・リスク社ニアナリストティーブン・イーク氏はロシアのり組みを次のように評価した。

 「を見ない規模の員に加えて、高度な物理的子的な策が講じられてい規模は技施設に対する攻撃抑制するに足る

 1月7日に実施された主な措置は、立ち入り制限理区域ち入り止区域という2種類の警備区域の設置だった。

 立ち入り制限区域にアクセスするには訪者はイベントのチケットと身分証明書を提示する必要がある。チケットは元と住所に関する情報を提供しなければ購入できない。

 運転除外区域はチとその隣接地域の一方からもう一方まで100キロ

 特別許可された交通手段だけこれを通過きるが、大半公共交通機関ソチ以外ナンバープレートをもつ自動車はにあるパーク・アンド・ライド施設に駐車しなければならない。

 これらの区域には警察、内務省兵士や非常事態省の部隊が配置される。「すべての施設が保護下に置かれ、宇宙からの監視システムも始動していチコフ非常事態相は述べた。

 警察は、すべての住民が適切な文書を所持し、民登録が済んでいることを確認するために、一軒一軒を訪ね歩いた。

 ホテルに滞在中の外国人来訪者は在施設により自動的に登録されるが、ロシア人・外国人を問わず私的に在しているすべての来訪者は、到着後3日以内に滞在を登録しなければならない。

 3万7000上る察官と内務省兵士が選手、来訪者と現地住民の保護に従事する地対空ミサイル、ソナー兵器や高速ボートなどが備された。


英米の機関とも提携

 ソチに出入りするすべてのインターネットと電話通信を点検Mと呼ばれるコンピューター監視システムが使用される。

 ロシア連邦保安庁(B)によると、ソチ五輪警備に関連して、シアは英国と米国を含む80カ国の情報関と提携関係にある

 ロシアと海外の警備担当者に加えて、手や来訪者の間でも相互のやりとりをしやすくするため、ロシア人関係者は数語の短期研修を受けた。

 ロシア人警察官が外国人来訪者に現場で対応する際に利用できる通訳のコールセンターもある。