魔術が幅をきかせる時代

ロシア人は、外国での治療費の倍のお金を魔術や超能力のサービスに注ぎ込んでいる=PhotoXPress撮影

ロシア人は、外国での治療費の倍のお金を魔術や超能力のサービスに注ぎ込んでいる=PhotoXPress撮影

ロシア人は、外国での治療費の倍のお金を魔術や超能力のサービスに注ぎ込んでいる。その道の「達人」たちは、昨今はあらゆるカテゴリーの市民が顧客であると言い、専門家らは、山積する社会や個人の悩みを安直に解決したいという意識の現われをそこに見る。

お手軽な奇跡

 近頃、新聞やテレビなどで超能力の各種サービスの広告をよく目にするが、どうもぞっとしない。それなりのお金を出せば、自分の夫を返し、アルコールや麻薬の中毒を治し、昇進や結婚といった諸々の夢を叶えてくれる、つまり、旧来の方法では困難あるいは不可能なことを何でも実現してくれるという。そして、人々は、盲目的に奇跡にすがりにくる。ロシア科学アカデミーの算定では、ロシア人は、毎年、外国での治療に1700万ドル(約17億円)を使い、超能力のサービスにはそれをはるかに上回る3000万ドル(約30億円)ほどを費やしている。

 オリガさんは、数年間、超能力者のもとへせっせと通っていた。自分の母親と共に、あるときは夫を連れて。彼女は、このうえなく有益な助言を受けていると信じていたが、実際には、それらの助言は、家庭のスキャンダルを招いていた。たとえば、あるとき、その「透視能力者」が「彼女の仇は姑」と告げると、たちまち、家族のあいだにすきま風が吹いた。

 「受診」の場に居合わせたオリガさんの夫の話では、いわゆる「超能力者」は、最初に他愛ない話をするが、その際、相手のまなざしやしぐさの変化から「患者」がどんな言葉に反応するかをたくみに読みとる。プロの取調官のように注意深く、問題を抱えてきた相手の交友関係を瞬時に訊きだし、相手の反応を見ながら、「好ましからざる人物」を挙げる。しかし、「患者」が反応を見せなれば、その「透視能力者」は狼狽えるばかり。そうした「診察」の料金は、100ユーロ(約1万4千円)。結局、あまり適切とはいえない助言を受けた後で、離婚も辞さない覚悟で妻の「通院」を止めさせたという。

 

成功例? 

 タチヤーナさんは、友人たちが紹介してくれる占い師たちのもとへ足繁く通っていた。しかし、自分が何に心を向けるべきかについて、行く先々でまちまちの助言を授けられた。そして、ある占い師が、「あなたの人生を乗り越えられるのはあなただけ」とうっかり口を滑らせると、その単純な心理的まやかしは、もろに馬脚を現し、それを境に、タチヤーナさんは、占い師巡りをぷっつりとやめた。

 しかし、こんな例もある。ヴィクトルさんは、一生に一度だけ超能力者のもとを訪ねて「命拾い」したことがある。その巫女さんは、「あなたには職場でのガードが必要ですから、私が守ってあげましょう」と告げた。あるとき、銀行の要職にあったヴィクトルさんは体調を崩して欠勤したが、そのとき、その銀行では6000万ルーブル(約1億8000万円)の不正取引が行われた。もしも病気で欠勤していなかったなら、ヴィクトルさんがその責任を丸ごと被るところだった。

 

親子代々の超能力者で“超心理学者” 

 親子代々の超能力者で超心理学者のセルゲイ・シェフツォーフ=ラングさんは、雑誌「SNC」へのインタビューでこう述べている。「魔術のサービスは、人々にもっとも必要とされていた最古の職業の一つです。近年、うちの客層はがらりと変わりまして、かつては、迷信深い年金生活者がほとんどでしたが、最近は、二十歳を過ぎたばかりの若者、教師、医師、代議士、実業家、公務員、図書館司書、エンジニア、警察官といったように多様化し、将来の暮らしの不安、初期のアルコール依存症、諸々の劣等感など、悩みもさまざまです。カジノを経営していた方も多いですね。ギャンブルがほぼ全面的に禁止されたため、新しい事業を始めようとレストランを開いたものの、うまくいかず酒に溺れて落ちぶれてしまった人たちです。警察の改革の際に資格の再認証をパスしなかったお巡りさんも、少なくありません。秘法の人気の背景には、匙を投げてしまった心理学者や医師の勧めで人々がすがってくるという現実があります」

 

国立センターも 

 犯罪心理学者のミハイル・ヴィノグラードフさんは、こうした現象についてこう語る。  

こんな話題も:

東洋医学を侮るなかれ

 「そうしたサービスは、共産主義の指導者であったヨシフ・スターリンやレオニード・ブレジネフも利用していましたが、昨今は、あれこれの事故や災厄を読み解く達人たちが画面上で競い合うテレビ番組が、超能力ブームの火付け役となりました。現在、超能力の存在は証明されており、それを研究する学者までいて、たとえば、私の住むサンクトペテルブルクには、この分野に特化した国立のセンターがあります。それとは別に、この現象をどう説明してどう捉えるかという問題があります。この国では、現在、社会や個人の問題がひじょうに深刻化しており、男女を問わず、自力ではなく占い師という他力にすがって個人の悩みを解消しようとしています。人間本来の可能性が、あらゆる種類の秘儀に取って代われているわけで、社会の不安定さがこの種の現象を表面化させるのは、いつの世も同じです」