民族主義の標的

ロシア通信撮影

ロシア通信撮影

在ロシア移民は人種差別や嫌がらせの犠牲者となることがよくある。彼らはロシア人から雇用を奪い、まともな仕事を持たず、犯罪を犯しているとしてしばしば非難の的にされている。大多数の在ロシア移民は、チェチェン、ダゲスタンなどロシア南部の民族共和国の出身か、独立国家共同体(CIS)と呼ばれる緩やかな経済的国家連合体の加盟国である中央アジアの国々の出身者である。 

 8月に全ロシア世論調査センターが実施した調査によると、ロシア人の3分の2民により犯罪発生率が上昇したと回答している。

数字あれこれ

100万人
モスクワ(人口1150万人)に住む移民の数。そのうち3分の1が不法移民。
75%
不法移民のうち、ロシアと査証免除協定を結んでいるCIS出身者の割合。

 また、調査対象者の40%が民はロシア済に対して悪影響を与えると回答している。

  ロシア人はよく、移民は地域社会に溶け込まず、地元住民との世間的な関わりを持つこともなく、ロシア語をしっかり習得しないと非難する。

 在ロシア移民は高まる族主義格好の的にされている。

 「住民登録書類の確認」という名目のもと、警察はしばしば移民から賄賂を徴収する。

 モスクワの取り締まり局もくの犯罪を民のせいにしている。

 公式計では、モスクワおける犯罪の2割近くが移民によるもの記録されているにもかかわらず、モスクワ市検察庁は、ぼ半数の犯罪が移民によって行われた発表たことを、ロシア通信が今年報道している。

 モスクワの人口1150万人のうち、移民は100万人を占めるのうちの3分の1が不法移民

 このグループの大部分は低所得層にあり、ミ収集、清掃、道路工事多数のモスクワ市民が嫌がる3K危険きつい汚いの仕事従事している。

 ウラジル・プーチン大統領自身も民が問題の種となっているとコメントして彼らを批判しているそらく大衆の感情に迎合したものであろう。

 「ロシア人のためのロシア」というスローガンが次第に目立つようになってきている。こうした中で民族主義者は外国(およびロシア国内の他の地域)からの移民を彼らの出身地に強制送還したいと考えている

 もちろん、うした措置ソ連代の国内の国民の動きを制限する制度が復活されない限りは不可能であることは言うまでもない


ロイター通信撮影

経済底辺支える

 民族主義動組織の「モスクワの盾」は登録住民の(不法)移民労働者の完全退去目標に掲げている。

 9月27日にはの組織の活動家たちが野球のバットを手に、移民労働者の居住場所となっていた建物に乱入し、正式な住民登録書類を持ち合わせていなかった労働者たちを追放した。

 経済が繁栄していた時代に、旧ソ連の中央アジアの共和国から建設事業ためにやって来た民は1100万人にのぼる。

 ロシアは4580万人の移民がいる米国に次いで、2番目に大きな移民人口をかかえる。その次98万人のドイツだ。しかし、全人口に占める合では7.7過ぎずイツや米国よりもずっと低い。

 移民はモスクワのような大都市に集中する。それにもかかわらず、ロシアの首都が彼らに提供できるインフラサービスはない。この都市には「移民に優しい」ホステルが1軒だけ郊外にある。1ずか5ドルだ。

 「は1日に何回も職務質問されるんだ」と、ダゲスタン出身で20歳のホステル居住者のマキシムが言う。「だからるべく目立たないようにしている

 マキシムはスーパーレジで仕事をし、1月1500ドル稼ぐいうシアの辺境の地方なら、その1割でも立派な稼ぎである

 このホステルに滞在できる幸運な人はない。くの移民職場に住み込むというケースがよくあり、その「職場」は設現場ということさえある。

 連邦移民局ンスタン・ロモダノフスキー局長シアの移民政策が失敗したことを認めた。彼は、違法移民労働者のための特別収容所提案したが、これらの施設が移民の求職活動や居住許可証の取得を支援するものなのか、退去ための施設は明言を避けた。

 移民入国自由化を訴える人もいる。大統領府直属の企業経営者の権利のためのオンブズマンを務めるボリス・フ氏がその例だ。

 ロシアNOWに対して、フ氏は「すべての移民労働者を一挙国外追放したら、経済が崩壊してしまいます」と語った。

 「現在、ロシアでは15人に1人の職は移民が担っています。人口減少のシア働力に対する需要は増加するばかりです。だれがこの需要を満たすというのでしょう?」

 ロシア齢化が進んでいる。2030年までにシアの就労人口が8750万人から7740万人に減少すると予測されている。

 チフ氏によれば、不法移民のうちの75%は、ロシアと査証免除協定を結んでいるCIS身である。れらの移民の間でシアに永住して国籍を取得することを希望する人は5の1しかない。

 ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)研究員のセルゲイ・ マルケドノフ氏によれば、カフカスや中央アジアからの移民に対してビザの障壁を強要する試みは、これらの国々で反ロシア感情をあおることになるという。

 CIS諸国のカザフスタンに300万人ウズベキスタンには100万人、アゼルバイジャンには12万人と、依然として多くのロシア人が住していることも、覚えておくべきでろう。