カザンで墜落事故

ロシア通信撮影

ロシア通信撮影

モスクワからカザンに向かっていたタタルスタン航空363便、ボーイング737機が、現時時間で、17日19時25分、着陸に際し爆発、炎上した。現時点での情報によると、死者は50人。子供は搭乗していなかった。

 原因については、操縦ミス、悪天候、機体の故障などが考えられている。着陸に際し、機種を滑走路にぶつけ、爆発したとの情報もある。火災は迅速に消し止められた。

 今までの情報によると、事故機には乗客44人、乗員6人の計50人が搭乗していたが、子供は乗っていなかった。

 治安機関筋によれば、原因は操縦ミスである可能性があるが、他に、悪天候、機体の故障などが挙がっている。

 ロシア気象庁(ロスギドロメト)によると、気象条件は、この機種にとっては問題なかったという。

 事故機が3度にわたり、滑走路に進入を試みていたとの情報もある。

 

*元記事(露語)