文化の違い乗り越えて

Getty Images/Fotobank 撮影

Getty Images/Fotobank 撮影

 グローバル化が進み、国境が消えつつある現代の世界で、もはや普通になっている「国際結婚」。誰もが聞き慣れたこの言葉の裏には「国籍の異なる二人の結婚」という単純な意味を超えて、二つの異国の文化・二つの世界が結ばれるという、決して単純ではない繊細なプロセスがある。特にロシアと日本という組み合わせになると、さらに別の物語になる。両国は気候から文化まで何もかもが異なる。新たな家庭を築く二人にとって、きっと大きなチャレンジになるに違いない。

 ロシアの戸籍登録機関(ザによると、スクワで2011婚姻総数約11、1万731国際結婚だ

 こうち露間の婚姻数は10でわずか99その背景探るため、シア在住で20代から40代まで16組の「日露国際夫婦」に尋ねた

 将来夫婦となる二人の出会いの場は実にさまざまサンクトテルブルクの図書館やモスクワの日本語関連イベントの会場、東京の外国人交流会や札幌のカフェまで。ットや婚相談所を通じての出会いもある。

 「7年前私が通っていたペテルブルクの大学の日本語の授業に、サトシさんが授業参観に来まし隣の席に座り、日本語練習ゲームとして二人で夫婦の会話したたちが、6年後に婦になるとはってもみなかった(アリビーナさん、26歳)

  外国語教育会いの大きなきっかけにな国際結婚につながる大きな役割を果たしている。

 「国際結婚と普通の結婚との根本的な違いは、パートナーの一人、もしくは両方が日常的に母国語でい言葉を使わなければいけないことにありますと、横浜在住のエカテリーナさん(26)は話す。

 真意微妙なニュアンスが相手に伝わらないことはどうしてもある。その解決法として、多くのカップルはロシア語や日本語、英語などを程よく交ぜわせた「二人だけの特別な言語」を使って、問題なく日常会話をしている

もっと読む:

ロシア風に結婚

 言語の壁の次に問題るのは化の違い。

  「国籍が違う場合、パートナーはお互いのパーソナリティーの相性前に、メンタリティーと言語の壁を越えなければなりませんと、奥さんと一緒にモスクワに住むさん(30)は言う。

 文化の違いがとんだハプニングを起こすこともある。

 「ある日、主人がフェイスブックに私たち夫婦の写真を載せいるのを見つけましん、美人ですね」とメントの返事はデルさんのような君のガールフレンドほどではないよ」この後、主人は対し時間かけて日本人の譲の文化ついて必死に説明したのを覚えています(ナタリアさん、27歳)

 日本とロシアは、家庭と仕事の置づけも異な。残業や司との飲み会で帰りが遅くなる日本人の「仕事第一」シア人にはかりにくい。最近は日本でも事情が変わってきたようだが。

 「ロシア人の主人が事の量にもかかわらず、なるべく長い時間を家族と過ごそうと心得ているのが、とても嬉しいスクワに暮らすロミさん(26)は笑みを浮かべる。

 夫婦共働きがたり前シア本では「男性は外で仕事、女性は家庭を守るという観念がやはり強い。

 「一生懸命に事を探していた私に(日本人)言ってくれまし。『仕事なくていいよ。家事児も立派で大変な仕事他は私に任せてくれに驚くべき言葉でし(匿名希望35歳)

 子育て自体も、ロシアと日本とではやり方が違う。数カ月前に出産したばかりのオレーシャさん(30)は言う。供が風邪をひいても、転んで泣いても、けんかしてもむを得ないこと本のママはどんな時でも安心している。ロシアのママは育てに少し心配性

 「一緒に住み文化の特徴然に融合し、いの違いを受け入れるようになる。たち夫婦『日本』『ア式く、ち式ですそうすのは、リーザさん(24)。

 

 国際結婚は、お互いを受け入れたいと思う気持ちがより一段と強くなければいけない。だからこそ、文化の違いを乗り越えられた人の愛のきずな太くるに違いない。