モスクワ、無許可の抗議行動で社会秩序に乱れ

モスクワのビリュレヴォ地区で社会秩序を乱したとして約200人が拘束された。首都の警察の広報部が明らかにした。

 無許可の抗議行動が行われたビリュレヴォ地区は首都の周辺部。この地区では10日にかけての深夜、市在住の25歳の男性が殺害される事件が発生したあと、秩序が乱れ始めた。  

  殺害された男性はガールフレンドの目の前で突然不審な男に刃物で切りつけられ、死亡した。犯人はその後行方をくらませている。  事件の背景には民族間対立があるものとされている。  

  事件の起きた地区では、住民らが殺人犯の逮捕を求めて抗議行動を開始した。13日夜、無許可の抗議集会に集まった市民と警察の間で衝突が生じ、その結果、200人近くが拘束されている。

ビリュレヴォ地区の抗議=ビデオ:YouTube

(「ロシアの声」より転載)