得意分野気づかせる

アントン・ウニツィン、ロシア通信撮影

アントン・ウニツィン、ロシア通信撮影

9月1日、学校の校庭は多くの花束で彩られる。校舎の前には生徒たちが半円形に並んでいる。こちら側には今年卒業する11年生たち。あちら側にはややまごつきながら学校生活のスタートに胸を弾ませる1年生たち。入学式が済むと、ロシアの学校では授業が始まり、教師が互いを思いやり助け合うことの大切さを生徒に語る。しかし、数カ月たつと、そんな話は忘れられ、仲がよいはずのクラスにはみんなに侮辱され軽蔑される犠牲者が生まれる。

 二人の可愛い麻色の髪の乙女がわる代わるもう一人の女の子の髪を引っ張るの子はのそばの地面に倒れる。人の乙女はの子に自分たちの靴に口づけせる。

 

ネット上に流される

 数前、13歳の女子生徒たちが同級生をいじめる様子を映したこのビデオはシアのユーチューブのあらゆる記録を塗りかえた。女の子の両親はデオがネット上で流れ警察が来た時に初めて事態った

  2年生のワレーラはうして隣の席の生徒が席を替え、優等生のナージャが自分と口をきかなくなったのか、すぐにはわからなかった。

  ほどなく、彼はでか耳」というあだ名をつけられた。最初は抵抗を試みたものの、クラスのみんなを相手にすることはできなかった。

 

次々と新しいいじめ

のけ者は必要とされる

んな集団にものけ者が必要なのは、のけ者が重要な機能を果たしてるから子供たちは団的な攻撃において互いの結束の強さを示そうとする生徒たちの世界は競争が激しく、そこにはヒエラルキーがあのけ者とは人のステータス争いの犠牲なののけ者自身はともと自分のステータスに甘んじていら、しつこい同級生たちの目を逃れるのは容易ではないたとえそののけ者が転校してもかが役にさせられる

マルク・サンドミルスキー氏、理学者

 いくら抵抗してもラスメートたちは々に新しいいじめを考え出す彼のノートを窓から放り投げたり、彼の背中にチョークでたずらきをしたり。

 「学校へ行くのがいやで、おまけに先生がいつも僕を黒板の前に立たせました」とワレーラは振り返る。

  彼校の廊下で三人の同級生に殴られた。両親は務室から電話がかかってき息子が学校でいじめに遭っているのを知った。

 「性教師がんなの子に『あなたは耳が大きいくせに何の知識も耳に入らないのね』と言ったそうです」と母親のエレーナ・シェさんは語る。

 ワレーラが別のクラスへ移されると、いじめはなくなったという。

 「教師と生徒のいずれじめているのかじめの原因を探るとが大事とモスクワの第1589等・高等学校ソフィヤ・ボゴロツカヤ校長は語る。

 

いじめられやすい子

 最もじめられやすいのは体的な特徴のある子供、あまり裕福でなくあまり幸福でない家庭の子供るいは、すぐかっとなるデリケートな性格の子供だという。

 田舎から都会へ引っ越してまり取れない供は決まってラス笑い者にされる。

 アーニャの母親マリーナ・ロワさんはある娘の食欲がなくなり、頭痛も始まったと切り出して、いじめのことを話してくれた。

 ある日、びしょぬれの服で学校から帰ってきたくら尋ねてもーニャは泣くばかり。マリーナさんは日、学校へ足を運んだ。ーニャは番の生徒たちが床を洗ったバケツの水をぶっかけられたという。

 それを聞いてかっとなったマリーナさんはをいじめた女子生徒に持っていたボトルの水をぶっかけた。学校は大騒ぎとなり、マリーナさんは力行為刑事責任を問われ、クラス内でのアーニャの立場は一層しくなった。

 マリーナさんは悔しがった。「自分子供ためにできなかった自分自分で守るしかない

 

エスカレートを防ぐ

もっと読む:


秋そして新学年

 自分の子供がいじめられてると分かった親が供を支えて一緒に困難に立ち向かうことを心理学者は勧めている。いじめがますますエスカレートしかねないからである。

  ボゴロツカヤ校長る。じめられる子かが手を差し伸べれば自分の本領を揮できる自分がリーダーになれる居場所をつけてあげることが大切そうすれば信がじめられることもなくなそれができるは教師だけ

 心理学者たちじめられる生徒っている才能を見いだし言を与えている自分得意の分野があれば、のけ者のレッテルなど自然れ落ちよう。