消えた名前を探して

遺骨収集グループ「イングリヤ」  =ミハイル・モルダソフ撮影

遺骨収集グループ「イングリヤ」 =ミハイル・モルダソフ撮影

大祖国戦争の最中に死亡した無名兵士の名前やその埋葬場所を探そうと、熱心な活動家らがすでに十年以上も活動している。もっとも激しい戦争が行われた場所で、英雄の名前を取り戻そうとしているのだ。

遺骨収集グループ「イングリヤ 

 レニングラード州では、「イングリヤ」というチームがすでに何年も活動しており、37回の調査で2227人の赤軍の兵士と隊長の遺体を発見した。

 何がこのような活動家を動かしているのかについて、「イングリヤ」のリーダーであるエヴゲニー・イリインさんがロシアNOWに語った。

 イリインさんは兵役を終えて、レニングラード国立大学(現サンクトペテルブルク国立大学)歴史学部に入学した。ずっと無名兵士の調査をしたかったのだと いう。すでに同学部の教授となっていた2000年、イリインさんは歴史学部と化学学部の学生を集めて小さな調査チームをつくった。

 「我々のチームは、年3回の調査を継続的に13年行っている、学生からなるレニングラード州唯一のチーム。略奪者との違いは目的だ。我々の目的は兵士を見つけるという堅実なものだが、略奪者は金もうけだけ」。

 

十数万戦死者のうち埋葬されたのは37 

 イングリヤが活動するキーロフ地区は、戦時中にレニングラードの運命を決めた場所だ。赤軍は1941~1943年の間に、陸上のバリケードを5回突破し ようとした。

 そしてこの地区で、もっとも過酷な戦いが行われたのである。少なくとも12~13万人が死亡したと考えられている。共同墓地を含めて埋葬され ている人の公式人数は今日、37人にとどまっている。

 「2012年秋に行われた最新の調査では、爆発で沼に落ちた戦車を見つけた。戦車の後ろには歩兵がいたはずだとチームのメンバーに話し、実際に25人の 兵士を戦車近くで発見することができた。そのうちの3人はメダルを持っていたものの、ずっと沼の中にあったために2個のメダルについては文字が判別できな かった。1個は読むことができ、その兵士の親戚も見つけることができた。奥さんはすでに他界しているため、近々そのお孫さんがクラスノヤルスク地方から訪 れ、慰霊する予定となっている」。

 メダルが見つかって兵士の姓を読むことができた時、メンバーは非常に感動した。無名兵士の一人がようやく認知された瞬間だった。親戚も見つけることがで きると、この上ない満足感を得ることができる。メンバーはこの瞬間のために森林や野原に行き、テントの中で生活をして、血のにじむような調査作業を毎日く り返すのである。

 

ドイツとも協力して発掘作業 

 「ドイツ人とは密に連絡を取り合っている。このチームができて以来、ドイツの学校の子供たちを何度か案内している。2011年にはドイツの調査グループが来て、一緒に作業を行った」。

 イングリヤのチームはドイツ国防軍の兵士の遺体を見つけると、ドイツ戦争墓地委員会に渡すが、埋葬場所は世界最大のドイツ国外ドイツ人兵士墓地であるソ ログボフカになる。この墓地はレニングラード州キーロフ地区に位置している。現時点で8万2000人のドイツ人兵士の墓がある。

 ロシアのさまざまな調査部隊が活動した結果、約45万人の遺体が発見され、英雄として埋葬された。最後の兵士が埋葬されるまで、この戦争は終わらない。 「この戦争はいつか終わるのか」という質問に対し、イリインさんはこう答える。「最後の兵士が見つかることはないだろうが、それが実現できるように最大限 の努力をするのが我々の義務だ」。