金井宣茂さん ソユーズMC-07で帰還:乗り心地は「ロシア式ジェットコースター」

金井宣茂さん

金井宣茂さん

Reuters

 日本人宇宙飛行士の金井宣茂さんが国際宇宙ステーション(ISS)での探査を終え、3日カザフスタン近郊に着陸した。金井さんは、米国、ロシアの飛行士とともに「ソユーズMC-07」宇宙船で帰還。着陸時については、「これがロシア式ジェットコースターライディングか」と語った。タス通信が伝えた。

 金井さんは、ロシア人のアントン・シュカプレロフさん、米国のスコット・ティングルさんとともにISSに168日間滞在した。金井さんの宇宙滞在期間は、若田光一さんより20日短く、日本人飛行士の中では2番目の長さ。

 また、金井さんはロシア人飛行士との交流についても語った。金井さんが自身の身長を測り間違い、宇宙での身長の伸びを通常のデータより3倍も長い9センチと報告してしまった際、シュカプレロフさんがその問題解決を手伝ったとのこと。また、安倍晋三首相とプーチン大統領の会談の際には、金井さんとシュカプレロフさんの2人で上映に参加したそうだ。

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。
もっと読む:

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる