ロシア イノベーション化が進んだ経済を持つ国のランキングで12位に

 ブルームバーグ通信が作成したイノベーション指標において、ロシアは、世界で技術革新された経済を持つ国のランキングで12位に入った。評価の基準には、新しい開発プロジェクトへの投資額やハイテク企業の集中化などが含まれている。

 ランキングで第一位となったのは、韓国で、これにドイツ、スウェーデン、日本、スイスが続いた。その他、シンガポール、フィンランド、米国、デンマーク、フランスがベスト10入りした。

 なお主なアジア諸国の中では、中国が21位、マレーシアは25位、香港は37位、インドは45位だった。

 ブルームバーグ通信が作成したランキングは50位までだが、47位以下はタイ、モロッコ、アルゼンチン、カザフスタンの順だった。

 なおロシアは昨年は14位だったが、二つランクを上げ12位となった。

 ブルームバーグ通信のランキングは、7つの指標を基に作成される。その7つとは、学術研究作業への投資額、生産性、経済におけるハイテク企業の存在感、高等教育の普及度、商品の付加価値、登録された特許数そして研究者数である。

 

*「Sputnik日本」より転載