ソチ五輪を撮影するISSの新たなクルー

写真提供:アントン・シュパクレーロフ/ロスコスモス

写真提供:アントン・シュパクレーロフ/ロスコスモス

国際宇宙ステーション(ISS)の乗組員は、科学実験のない時間に、ソチオリンピックの開会式や軌道から見えるその他の出来事を写真およびビデオで撮影する予定だ。

 経験豊富なロシアのミハイル・チューリン飛行士は、こう語る。「もちろん、私たちは、もしも天候が許すなら、開会式を写真に収めます。これはひじょうに興味深く意義深い出来事ですが、いくらカメラマンの腕が良くても、曇っていたらおしまいですね」。

 ISS初の日本人船長である若田光一氏はこう語る。「私も写真が撮れます。オリンピックはさまざまな国や民族の間の友好のシンボルで、これはとても大切です」

 NASAの宇宙飛行士であるアメリカ人のリック・マストラッキオ氏も、オリンピックを撮影する意向だ。「自由な時間はだいたい地球を見て写真を撮るつもりです。みんなでオリンピックを観戦して感動をもらいます」

 宇宙飛行士たちも、オリンピックに積極的に参加している。たとえば、11月7日に宇宙船「ソユーズTMA-11M」の打ち上げが予定されているが、この宇宙船はISSに聖火を届け、聖火は11月9日に船外宇宙へ運び出されることになっている。 

 

元記事(露語)