日本政府が「対露担当大使」を新設

 日本政府に新たなポスト「対ロシア関係担当大使」ができた。就任したのは、原田親仁元駐ロシア大使。岸田文雄外相が22日の東京での記者会見で、これを明らかにした。

 岸田外相によると、対ロシア関係担当大使は、日本とロシアの平和条約に関する交渉を中心とした、ロシア政府との関係すべてを担当する。「ロシアとの関係の発展は日本の最重要外交課題の一つで、新代表が強化に尽力するよう望む」と岸田外相は話した。

 

元記事(露語)