メドベージェフの給料はプーチンより高かった

メドベージェフ首相の収入は、プーチン大統領よりも多かった =AP通信撮影

メドベージェフ首相の収入は、プーチン大統領よりも多かった =AP通信撮影

ロシアの公人は、2012年度の収入申告を行った。もっとも収入が多かったのはイーゴリ・シュワロフ第一副首相で、金額は2億2600万ルーブル(約6 億9600万円)強だった。大統領と首相の収入は600万ルーブル(約1800万円)に満たないため、この数字と比べると控えめに見える。そしてメドベージェフ首相の収入は、プーチン大統領よりも多かった。

 プーチン大統領は2012年、579万823ルーブル(約1781万3580円)を受け取った。これは2011年の370万ルーブル(約 1138万円)よりも200万ルーブル(約615万円)多い。プーチン大統領のリュドミラ夫人は逆に、前年比44万3000ルーブル(約136万3000 円)減の、12万1374ルーブル(約37万3400円)だった。2011年12月、プーチン夫妻が銀行に計14口座を持っていること、また大統領の4年 間の収入が1800万ルーブル(約5500万円)だったことが明らかにされていた。

 ドミトリー・メドベージェフ首相のスヴェトラーナ夫人は無収入で、資産は約16平方メートルの駐車場2ヶ所と、自動車「フォルクスワーゲン・ゴルフ」1 台だ。メドベージェフ首相はロシア・メーカー「GAZ」の自動車2台を保有し、昨年度はプーチン大統領より多い581万4351ルーブル(約1790万 3650円)の収入を受け取っていた。プーチン大統領は首相を務めていた2011年、メドベージェフ大統領(当時)よりも収入が多かった。

 

リッチな高官たち

 内閣でもっとも収入が多かったのは、イーゴリ・シュワロフ第一副首相の2億2638万6929ルーブル(約6億9709万4480円)で、夫人の収入も 2億2200万9378ルーブル(約6億8361万5050円)だった。シュワロフ夫妻は広い駐車場も保有しており、第一副首相には自動車が5台ある。西 側のメディアは以前、シュワロフ第一副首相がさまざまな金融グループと結びついていることを伝えたが、本人はそれを完全否定していた。

 モスクワ市交通機 関・道路交通基盤開発担当副市長のマクシム・リクストフ氏の収入は、シュワロフ第一副首相より高い、2億6998万1439ルーブル(約8億3209万 3870円)だった。

 セルゲイ・ショイグ国防相は、2011年比3倍増の1500万ルーブル(約4600万円)以上を昨年受け取った。ショイグ氏は昨年5月まで非常事態相を務め、続いてモスクワ州知事、11月に現職に就任した。

 

アメリカ人の収入も気になる

 ロシアの公人だけでなく、アメリカのオバマ大統領夫妻も同時期に収入申告を行っている。2012年度の夫妻の収入は60万8611ドル(約5975万9510円)で、プーチン夫妻よりも多いが、シュワロフ夫妻よりは少ない。