モスクワのドイツ大使館の前で飛行機墜落の犠牲者の冥福を祈っている男性

 3月24日、モスクワのドイツ大使館を訪れた男性。 乗客乗員150人が搭乗した、ドイツの格安航空会社「ジャー マンウィングス」の9525便(エアバスA320型機)が、24日、フランス南部で墜落。同 大使館には人々が訪れ、花とロウソクを供えて、犠牲者の冥福を祈っている。=ミ ハイル・ヴォスクレセンスキー/ロシア通信撮影