害虫駆除会社の職員が、脳炎を運ぶツツガムシを殺すために、スプレーで殺虫剤を散布

63日、東シベリアのクラスノヤルスク近郊のタイガにて。リゾート地区「ビーバーの丸太」で、害虫駆除会社の職員が、脳炎を運ぶツツガムシを殺すために、スプレーで殺虫剤を散布する。=ロイター通信撮影

ロシア・ビヨンドのFacebookのページで おもしろいストーリーとビデオをもっと見よう。

このウェブサイトはクッキーを使用している。詳細は こちらを クリックしてください。

クッキーを受け入れる