クレムリンでのクリミア併合調印式の後

3月18日、プーチン大統領、セルゲイ·アクショーノフ・クリミア首相(左)、ウラジーミル・コンスタンティノフ・クリミア最高会議議長(左から二人目)、アレクセイ・チャルイ・セヴァストポリ特別市市長が、 クレムリンでのクリミア併合調印式の後、連邦議会議員の前に立つ。プーチン大統領とクリミアの指導者たちは、住民投票の結果を受けて、黒海に突き出たウクライナ領であるクリミアをロシアに併合する条約を締結した。ウクライナ政府、米国、欧州連合は、これを不法として非難している。=ロイター通信撮影