ウクライナ危機打開のため会談

フランスのオランド大統領(左)、ケリー米国務長官(中央)、ファビウス仏外相(右)、シュタインマイヤー独外相、ラブロフ露外相(左後ろ)。2014年3月5日、パリのエリゼ宮で、西側とロシアの外相が、ウクライナのクリミア半島へのロシアの介入を受けて、危機打開のため会談を行った。写真は会議の休憩中。=AP通信撮影