国際展示会「サメの惑星:獣か犠牲か」

10月31日、サンクトペテルブルク。国際展示会「サメの惑星:獣か犠牲か」を訪れた女性たちが、サメの絶滅種「メガロドン」の顎の中に立っている。約150万年前に絶滅したこの巨大ザメは、最大個体13メートルと推定されている。この展示会は、軍事史博物館で開催され、展示物には、主催者によると、自然のままの化石標本、顎、狩猟や漁の道具のコレクション、様々なサメの実物大模型、剥製などが含まれている。=ロイター通信撮影