フィーリン芸術監督が、長い療養の後、初めて劇場に姿を現した

9月17日、ボリショイ・バレエ団のセルゲイ・フィーリン芸術監督が、ドイツでの長い療養の後、初めて劇場に姿を現した。フィーリン氏は、今年1月にモスクワの自宅近くで強酸性の液体を顔に浴びせられ、一時は失明の恐れもあったが、少しずつ回復している。=AFP/East News撮影