見慣れていないだけ

コンスタンチン・マレル

コンスタンチン・マレル

 ロシアのパラリンピック選手がかの種目で優勝しとはニュースで知っていても、それ以上の情報に乏しいのが現実

  それは聴率争いの激しさを物語っており、スポーツは、テレビで放映されないとなかなか人気が出ない

  その好例が生スポーツで、ロシアではとんどなじみがなかったが、カザンでユニバーシアードが開幕したとたん、多くの人が学生スポーツの面白さに気づいた。

 もちろん、ロシアのパラリンピック選手たちにもうしたチャンスがあって然るべきだ。らは利を目指して害を克服し、成績を挙げている。

 バンクーバーでは、ロシアのオリンピック選手たちが不甲斐ない結果に終わった後、パラリンピック選手たちの活躍が民のを明るくしてくれた。

 とはいえ、べての仕事をうっちゃってテレビ桟敷で自国の選手たちを応援するほどではなかった。

 

ロンドンの大成功

 題はひとえに「慣れのなさ」にあるのかもしれない。ラリンピックはールが異なるのでとっつきにくい面がある。害者の競技を観戦することにょっと抵抗を感じるという人も少なくない。

 しかし、題は消する。2前、ンドンのパラリンピックでこのことを証明され

 世界164から4000以上が参加し織委員会に収益たらした。テレビ映権料は件につき1000ポンド以上であり、戦チケットは、240万枚以上も販売された。

  競技場は員で、観客はリンピックに劣らぬ熱い声援を選手たちに送っ

 審判もール守を優先し、例えば、ィルチェアーラグビーで選手が転倒しても、すぐに助け起こすことはせず、通常のラグビーとじように、反則があったかなかったか定していた。

 

スーパーマンたち

 ロンドン・パラリンピック会前、あるテレビ局は見よ、スーパーマンたちをというキャッチフレーズを掲げた。会中も、主要な新聞の一面にパラリンピック選手記事が載らないことはなかった。

 その結果、テレビ視聴者の数はリンピックの2700万人に対して1100人となり、者の開きはさほどなかった。

 英国で閉会したばかりのオリンピックの栄光の舞台に身を置きたいがためにパラリンピックのチケットを購入するも多かった。

 すでに「名所」となったスポーツ施設にパラリンピックの安いチケットで入場するチャンスを利用していた。の原則は、ソチでも踏襲されそうだ。

 パラリンピックはリンピックと同じレベルの要なスポーツの祭典の一つそして最も切なのは、体に障害を持つ人たちを社会に合流させることである。