ソチ五輪孤立せず

コンスタンチン・マレル

コンスタンチン・マレル

 ロシアに対する反対勢力は五輪ボイコットを組織することに失敗した。世界のくの首脳が開会式への出席を拒否したからといって、イベントが崩壊するわけではない。

  ソチ五輪はーチン大統領の個人的な威信がかかったプロジェクトと見なされているかけられた巨額の費用を多数の人々が浪費とみなす一方で、プーチン大統領はれを国家意識向上に対する投資と呼んでいる。

 しかし、西側諸国の多くの政治家たちがチ五輪をボイコットする必要性について議論しこれはシアの「反同性愛者プロパガンダを根拠とするもの確かに多くの要人たちがオリンピックへの出席を辞退している。この中には、米国、ドイツ、フランス、ポーランドの大統領に加えてベルギーとカナダの首相も列挙される

 しかし、これらの首脳が姿を見せないからといって、際のボイコットに相当するわけではない。拒否の理由を公にロシアの人権侵害と結びつけのはトアニアドイツの統領を含む数人の国家元首くらい

 他の元首欠席理由は治的対というよりも、プーチン氏との親密な個人関係が特にないという理由によって説明できる。

 米国のバマ大統領はロンドン五輪ンクーバー五輪に席しなかった。イツのルケル首相はの在任中ずれのオリンピックにも出席していない。

 一方、ランダ王室オランダでロシア交官が拘束され暴行を受けた事件などったにもかかわらず、出席を予定している。

 さらに、ロシアとグルジアの関係は相互不信にあってもグルジアのリバシュビリ首相は境に近いソチ周辺地域シアへの支援申し出ている。

 ソチ五輪シアのグローバル社会からの孤立を示す大会なく、各国間で平和と協力を推進するものであるとを示している。

 

ゲボルク・ミルザヤン、ロシア科学アカデミー・米国カナダ研究所研究委員兼
エキスパート誌特派員