国民の半数以上が毎日ネット利用

ロシアでは、日常的にインターネットを利用する人の数が増えており、53%に達した(2005年は5%)。「全ロシア世論研究センター」が実施した調査によって、これが明らかになった。

 同時に、ここ3年、インターネットを全く使わない人の割合はほぼ変わっていない(28~30%)。ロシア人の3分の2(70%)は、定期的にインターネットを使っている。

 全ロシア世論研究センターのデータによると、国民の間で最も人気の高い交流サイト(SNS)はロシアのSNS「フコンタクチェ」。インターネット利用者の52%がこれを選んでいる。2番目もロシアのSNS「オドノクラスニキ」。メッセンジャ「ワッツアップ」は18%で、「フェイスブック」(13%)、「インスタグラム」(12%)、「ツイッター」(7%)を人気度で上回っている。

 

記事全文(露語)

もっと読む:ロシアのネットの特徴11点>>>

もっと読む:サイバー攻撃で33億ドルの損失>>>

もっと読む:現代ロシアのザ・カンニング>>>