14日にプーチン大統領とのTV対話

 毎年恒例の生番組「ウラジーミル・プーチン大統領との直接対話」が、モスクワ時間4月14日正午(日本時間4月14日18時)、国営テレビおよびラジオで放送される。

 番組のスタジオには政治家や各著名人が招かれる。ゲストには、プーチン大統領に直接質問をする機会が与えられる。さらに、ロシア国内のさまざまな地方で可動式スタジオが用意され、住民もプーチン大統領と直接対話ができる。「直接対話」の公式ウェブサイトからは、事前に自分の質問を送ることができ、番組で取り上げられる可能性もある。

 今回で14回目となるプーチン氏と国民の対話番組。この間、大統領および首相として登場した。対話は何時間も続く。これまでの最長は2013年の放送で、プーチン大統領が4時間48分、質問に答え続けた。

記事全文(露語)

もっと読む:2015年、大統領の国民との直接対話の結果>>>