「クリルにミサイル&無人機年内に配備」

 ロシアは今年、クリル諸島に沿岸ミサイル複合体と新世代無人機を配備する。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、これを明らかにした。

 「クリル諸島で兵団および部隊の定期再編成が行われている。今年、ここには沿岸ミサイル複合体『バル』および『バスチオン』、新世代無人機『エレロン3』が配備される」と、ショイグ国防相は連邦国防省幹部会議で話した。

 ショイグ国防相は先に、国防省が2016年、クリル諸島の軍事インフラの構築を完了する予定だと伝えていた。昨年はクリル諸島に、防空下部組織と短距離地対空ミサイル「トルM2U」が配備されている。

 

北極圏とクリル諸島のインフラ整備

 国防省は2016年から2020年にかけて、北極圏とクリル諸島の軍事インフラの整備に焦点を当てるという。

 「まずは北極圏およびクリル諸島域の軍事インフラの発展、また東部軍管区の日常指揮拠点の再建に主な注意を向ける」とショイグ国防相。

 

元記事(露語)