ロシアは日本との平和条約と領土問題を切り離して考えている-露外務省

 ロシアは、日本との平和条約締結が、南クリルに関する領土問題の解決と同等であるとは考えていない。ロシアのラヴロフ外相が発表した。

 ラヴロフ外相は記者会見で次のように述べた-

 「我々は、平和条約が、領土問題の解決と同一だとは考えていない。これ(平和条約締結)は我々の関係が、事実上のみならず法的形式においても正常であるために必要な一歩である」。

 ラヴロフ外相はまた、1956年のソ日共同宣言は「平和条約締結問題が最も重要であると明確に定めている」と指摘した。

*「Sputnik日本」より転載

もっと読む:露日首脳、北朝鮮情勢を討議>>>