自民党副総裁の訪露がスタート

 自由民主党の高村正彦副総裁が、ロシア訪問を開始した。13日までの訪露の過程で、同氏は、セルゲイ・ナルイシキン国家会議(議会下院)議長やセルゲイ・ラブロフ外相およびロシアの議員らと会談する予定。

 両国関係の協議や次の首脳会談の検討が、主要なテーマの一つとなる。高村氏がロシア通信に明らかにしたところでは、同氏は、プーチン大統領宛ての安倍晋三首相の親書を携えていく。高村氏は、「首脳レベル対話継続のチャンスを窺うこと」を訪問の目的の一つとみなしている点を強調した。

 両国関係は、日露友好議員連盟会長である高村氏とロシアの対日議員グループのメンバーらとの会談で協議される。高村氏の考えでは、「ロシアの議員らとの率直な意見交換は、議会交流の一層の活発化や両国の信頼関係の強化を促す」。

 モスクワでの会談で、高村氏は、北朝鮮や中東に関するものをはじめとする一連の国際問題も協議したい考えである。

 高村氏の前回のモスクワ訪問は、同氏が日露武道交流年の枠内で武道の代表団を率いた2014年秋に行われた。

 

元記事(露語)