露女性がバイカルで156m潜水

Russian diver set Baikal scuba dive record

Russian diver set Baikal scuba dive record

press-photo
 ダイバーのタチアナ・オパリナが深さ156mの潜水に成功した。

 ロシア人女性ダイバー、タチアナ・オパリナが、バイカル湖でのディープダイビングで、新記録を樹立した。テレビ放送「イルクーツク・ニュース」が報じた。23日、オパリナは、深さ156mの潜水に成功した。記録はイルクーツク市近郊で測定された。水温は3度だった。なお、これまでの最高記録は、2005年に夫のゲンナジー・ミサンが打ち立てた、150mという記録。

 潜るのに要した時間はわずか5分。逆に、浮上するのには2時間弱がかかった。命づななしのダイビングだった。深さ30mでボンベ交換が行なわれて以後は、地球最深の湖(水深1642m)の奈落へと、たった一人で下降していった。

 夫でやはりプロのダイバーであるゲンナジー・ミサンによれば、タチアナは約半年かけてじょじょに深さを増していき、記録的な潜水への準備を整えていったという。

 「イルクーツク・ニュース」はタチアナの次の言葉を伝えている。「私はバイカルでのダイビングが好きなんです。ここの景色はとても美しい。私が潜った場所は、少なくとも160m下まで続く壁なんです。自分にはこんなことが出来るんだ、という意識に、感激しています。気分は良好です。それは素晴らしいことです。だって、それは、何か大きなことを行なう準備が私にはある、ということですから」

 なお、潜水の世界記録そのものは、エジプトのアフメド・ガブルが保持している。このダイバーは2014年9月、紅海で、深さ305mのダイビングに成功した。