ロシアとアルメニア、カフカスにおけるMDシステムを統合

 ロシア国防省のショイグ大臣は水曜、モスクワで、アルメニアのオガニャン国防相と、カフカスの集団安全保障地帯に統一地域MDシステムを創設することに関する合意に調印した。

 調印は両大臣の会合後に行なわれた。また、両国国防省の来年の協力計画にも調印がなされた。

 現時点でロシアはキルギスとタジキスタンとも統一地域MDシステムの創設を図っている。カザフスタンとは2013年に調印がなされており、ベラルーシとは既にロシアのMDシステムは統合されている。

 CIS諸国国防大臣会議では、地域原則に基づくCIS諸国の対空防衛力統合はCISの統合MDシステムの発展における最重要の方向性である。

Sputnik日本」より転載

 

もっと読む:今年のロシア外交の重要な出来事>>>