サハリンの座礁船のディーゼル燃料抜き取りが完了

 サハリン州ネベリスク港域の浅瀬で11月28日に座礁したタンカー「ナデジダ」から、すべてのディーゼル燃料を抜き取った。今後は重油の抜き取りを行う。これについて、海難救助センター「ユジノサハリンスク」のスポークスマンが、タス通信に伝えた。

 それによると、ナデジダには事故時、燃料が786トン積まれており、うちディーゼル燃料が426トン、重油が360トンであった。

 タンカー「ナデジダ」は11月28日朝、強風により、ネベリスク港域で浅瀬に座礁した。現時点での情報によると、強風によって錨が船尾にぶつかり、その結果、タンカーの機械室に亀裂が生じた可能性がある。流出油量は現在調査中。

 燃料抜き取り作業を行うため、非常事態省の隊員は3016.5立方メートルの土壌で長さ92メートルの土手道をつくった。ただ、悪天候が作業を阻んでいる。

 

記事全文(露語)