モスクワの対日貿易が2/3に縮小

 モスクワの2015年上半期の対日貿易額は、昨年の同じ時期の3分の2規模となる21億1150万ドル(約2533億円)にとどまった。「モスクワ」市通信が、モスクワ市対外経済・国際関係課の話として、これを伝えている。

 「日本はモスクワの主要な貿易相手国の一国。日本は近年、相互貿易量において、モスクワの貿易相手国上位10位以内に入り続けていた。2013年度と2014年度は6位だった。しかしながら、2015年上半期のデータによると、2014年の同じ時期と比べて3分の2の、21億1150万ドルまで減少した」

 モスクワの2014年度の対日貿易額は63億910万ドル(約7669億2000万円)だった。

 

「モスクワ」市通信