皆のトルストイ・ネット読演会

 世界中のロシア語に堪能な誰もがオンラインで参加できる、ロシアの有名な作家レフ・トルストイの作品の中継読演会が開催される。

 オンライン読演会「『戦争と平和』:小説を読もう」は12月8~11日、ロシア文学年の一環として行われる。1日1巻の朗読で、開始は毎日モスクワ時間の午前10時。

 参加するには、公式サイトvoinaimir.com(露語)で必要事項を記入し、テスト動画を送る必要がある。応募受付は11月18日まで。審査員は1300人の参加者を選ぶ。

 「『戦争と平和』:小説を読もう」は、前回成功したオンライン読演会「アンナ・カレーニナ」の続きになる。前回は「グーグル」とトルストイ博物館・邸宅「ヤースナヤ・ポリーャナ」の企画で2014年10月に行われ、「インターネット読書マラソンの最多視聴者」(106ヶ国以上の人が視聴)でギネスブックに登録された。

 プロジェクトの主催者の一人であるトルストイの玄孫のフョークラ・トルスタヤ氏は、こう話した。「読演会は国内外のさまざまな場所で行われる。原子力砕氷船、バイカル湖、軌道宇宙ステーションからの参加もある」。