米国務省はロシアの電子メール傍受について答えず

 アメリカ国務省のマーク・トナー副報道官は、アメリカがロシアと中国の国家公務員の電子メールを傍受しようとしているか、との質問に答えなかった。

 アメリカ国務省のマーク・トナー副報道官は、アメリカがロシアと中国の国家公務員の電子メールを傍受しようとしているか、との質問に答えなかった。

 アメリカのジョン・ケリー国務長官はテレビのインタビューで先に、ロシアと中国のハッカーがケリー長官の電子メールを読んでいる「可能性が非常に高い」と考えている、と述べている。

 「ナイス・トライ!」と、トナー副報道官は、対ロシアおよび対中国の情報の傍受に関する質問について述べた。

 アメリカと、ブラジル、ドイツ、日本、その他の国との関係には、アメリカの特殊機関がこれらの国々の高官の盗聴を行っていたことが明らかになった後、摩擦が生じた。

 

*記事全文(露語)