日本をクリルの共同開発に招待

 極東地域の開発を担当するトルトネフ副首相が、NHKのインタビューで、クリル諸島の経済開発での協力を日本に呼びかけつつ、ロシア国民に極東の土地1ヘクタールを無償で提供する法案について、「発展のためには人と投資を呼び込む必要がある。土地の提供はこれに寄与する」と述べました。

 ロシアはクリル諸島の経済開発分野での協力に日本を招待する。ユーリ・トルトフネフ極東連邦管区大統領全権代表兼副首相が、日本のテレビ「NHK」のインタビューでこのように述べた。

 「政治を経済より優先させると、良い結果にはならない。ロシアと日本の国民のために有益になるような経済開発のために、我々は努力する必要がある」とトルトフネフ副首相。

 トルトフネフ副首相はこのインタビューで、ロシア連邦の国民に極東の土地1ヘクタールを無償で提供する法案について聞かれ、こう答えた。「クリル諸島に暮らしてほしいし、発展してほしい。そのためにはここに人を呼び込む必要があり、投資を呼び込む必要がある。土地の提供はこれに寄与する」

 

*記事全文(露語)