テミルカーノフ氏に旭日中綬章

 平成27年春の旭日中綬章受章者となった、サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督でソ連人民芸術家のユーリ・テミルカーノフ氏に、山村嘉宏在サンクトペテルブルク日本総領事が赤と白のリボンのついた勲章および勲記を伝達した。

 テミルカーノフ氏が管弦楽団のリハーサルをしていたフィルハーモニー大ホールで、伝達式が行われた。

 テミルカーノフ氏は長年率いている管弦楽団とともに、日本に定期的に公演を行っており、日本のオーケストラとも共演している。日本はテミルカーノフ氏の大好きな国で、来日と公演をいつもとても喜んでいることもあり、今回の受章については、「このような誉れ高き勲章をいただきとても光栄」と述べた。

 

*記事全文(タス通信)