露中秘密トンネルを発見

1933年に日本軍に対する諜報活動のために敷設

 このほど、ロシアと中国を結ぶ秘密の地底トンネルが、学者達によって発見された。「シベリアンタイムス(The Siberian Times)」電子版がそのリポートを掲載した。

 この通路は岩盤をくり抜いたもので、1933年に敷設されたと考えられている。トンネルを使って情報交換を行うことで、日本の侵略に抵抗する一助としようとした、と同紙は伝えている。

 同紙によると、このトンネルは、日本軍のアジア最大の地下要塞「東寧要塞」(中国名は东宁要塞)の職員の研究により明らかになった。 同職員は数年前に北朝鮮を訪れた際に、トンネルについて語ったという。

 トンネルには、ウラジオストクから115キロ地点にある村落から入ることができると、同紙は伝えている。

 

*記事全文(露語)