ロシアのパダルカ宇宙飛行士世界記録樹立 

宇宙に2年以上滞在

 ロシアのゲンナジー・パダルカ宇宙飛行士の宇宙滞在日数が、2年と2か月半に達した。パダルカ宇宙飛行士は6月29日、宇宙連続滞在の世界記録を打ち立てた。それまでの世界記録は、ロシアの宇宙飛行士セルゲイ・クリカリョフ氏が保有していた。

 パダルカ飛行士は、現在も国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しており、今後も滞在期間中は世界記録の更新が続く。

 パダルカ飛行士は、宇宙船「ソユーズTMA-16M」で、9月11日に地球へ帰還する予定。予定通り帰還した場合、パダルカ飛行士の宇宙連続滞在日数は、877日となる。

 なおロケット・宇宙産業によると、パダルカ飛行士の新記録を公式に認定するためには、パダルカ飛行士が、全記録保持者の滞在期間よりも5パーセント長い時間を軌道で過ごす必要があるという。そのため、新記録は、8月の第1週から考慮されることになるという。

 

*Sputnik日本より転載