アジアインフラ投資銀行中印露 アジアインフラ投資銀行最大の議決権保有者に

6月29日午前、中国の北京にある人民大会堂で、アジアインフラ投資銀行の設立協定の署名式が行われた。署名式には、57カ国が参加した。

 ロシアは、新たなアジアインフラ投資銀行で、5.92パーセントの議決権を取得した。新華社通信が伝えた。

  新華社通信によると、中国の議決権は、20.06パーセント、インドは、7.5パーセント、ロシアは、5.92パーセント。3か国は、同校最大の議決権保有者となった。

 

*「Sputnik日本」より転載