国連報告書:亡命申請数でロシアは世界一

国連の報告書によれば、ロシアは亡命申請数で世界第一位である。2014年、ロシアに対しては、外国人27万4700が亡命申請を行った。

 国連難民高等弁務官事務所が発表した報告書によれば、亡命申請が最も多く寄せられた国はロシアであるという。

 その報告書にはこうある。「274700件の個人亡命申請を受理したロシアが2014年世界で最も多く亡命申請を受けた国になった」。

 2014年にロシアに亡命申請を行った27万4700人の外国人のうち、7000人が難民指定を求め、26万7800人が一時亡命を求めた。

 また報告書によれば、この数字に大きな影響を与えているのは、ウクライナ紛争である。27万1200通(または99%)がウクライナ市民の申請だった。国連難民高等弁務官事務所によれば、昨年以外の年でロシアへの亡命申請数が5000件を超えたことは一度としてなかった。


*Sputnik日本より転載