モスクワのレストランが喫煙したリンジー・ローハンさんに“お引取り願う”

フォーミュラEの第9戦「ロシア・モスクワ大会」のとき

 ハリウッドの女優、歌手のリンジー・ローハンさん(28)が、モスクワのレストランのホールで喫煙しようとして、店外に“つまみ出されてしまった”という。地元のテレビ局「モスクワ24」が伝えた。

 ローハンさんに対し、公共の場所での喫煙が法律で禁じられていることを説明した後で、店外に“お引取り願った”という。その後、レストランは、自分達が追い出したわけではなく、ローハンさん自身が“パパラッチ”がうるさいために自ら出た、と説明した。ロシア通信が伝えた。  

 イギリスのデイリー・メール紙によると、ローハンさんは、フォーミュラEの第9戦「ロシア・モスクワ大会」を観戦するために、モスクワを訪れていた。フォーミュラEは、電気自動車フォーミュラカーで、昨年9月よりFIA フォーミュラE選手権が開催されている。